凍結してしまう水道のトラブルには事前準備で対策をしておく

凍ってしまうポイントは温度と気温そして環境

水道管の中の水が温度0度で凍ってしまいますが、気温はマイナス4度以下、強風のときにはマイナス2~マイナス1度で凍ってしまいます。環境も凍ってしまう原因となります。凍りやすい場所は日当たりや風が強く当たる場所、水道管やメーターが外に剥きだしになってりる場合などです。気温や場所に大きく関係しますが、大寒波が予測されているときにはトラブル対策が必要です。寒波は11~2月に到来しやすく、寒冷地だけでなく都心部でも気温によっては凍ってしまうこともあります。

簡単にできる凍結トラブルの防ぎ方

水道管の凍ってしまうことを防ぐためには事前の対策が必要です。一番簡単にできる方法が水を少しだけ流し続ける方法です。少量の水をチョロチョロと流していきますが、水が流れ続けるため氷点下になっても凍ってしまうことを防ぐことができます。一番のデメリットは料金ですが少量なので高額料金が請求されるということもなく、管が破裂しまうトラブルのほうが後で修理費用が高額になってしまいます。想定を超える寒さの場合にはチョロチョロ流していた水が凍ってしまうことがあります。水を流し続けても対策できないのでは、というときには水抜きをする方法を利用します。蛇口を開き水を流し続けてから、元栓を締めます。管に残っている水が出します。蛇口を軽く締めてから少し水を出るようにしておきます。寒い地域では水抜きに似た働きとして、不凍栓という水抜き用の装置が備わっています。

グッズをを使って凍ってしまうことを防ぐことができる

グッズを使って凍結対策をすることも可能です。屋外にある蛇口にはタオルを用意し、屋外にある水道管には、保温材とテープ、専用ヒーターそして防止帯を用意します。外の蛇口にはタオルを蛇口に被せますが、タオル以外にも軍手を代用することができます。外の管には管に保温材をつけてテープなどで巻きつけていきます。テープはビニールテープ可能ですが、準備ができるのであれば保温テープがおすすめです。専用ヒーターの取り付けもおすすめです。管にヒーターを取り付けて防止帯で巻きつけてからコンセントを差して上から保温テープを巻きつけます。凍結してしまった場合には、気温が上がるまで待つことが一番です。ただし、水はすぐに使いたいというケースが多く、素早く溶かす方法はあります。ぬるま湯を用意し、管や蛇口にタオルをかけてからぬるま湯をゆっくり凍った場所にかけて溶かす方法です。注意は溶かすためとはいえ、直接お湯をかけないということがポイントです。お湯をかけて溶かそうとすると温度差で破裂してしまう可能性もあります。破裂すると高額な修理代がかかってしまます。